ガイム 第43話 「バロン 究極の変身!」 

●鎧武
【ロックシード】-------------------------------------------
[L.S.-∞]極ロックシード


●バロン
【ロックシード】-----------------------------------------
<クラスA>
[L.S.-08]バナナロックシード


●龍玄・黄泉
【ロックシード】-----------------------------------------
[L.S.-YOMI]ヨモツヘグリロックシード


●デューク
【ロックシード】-------------------------------------------
<クラスA>
[L.S.-08]バナナロックシード



------------------------------------------------------------
【仮面ライダー鎧武/ガイム|テレビ朝日】
【仮面ライダー鎧武| 東映[テレビ]】

脚本:虚淵 玄(ニトロプラス)
監督:諸田 敏
アクション監督:
石垣広文(ジャパンアクションエンタープライズ)
竹田道弘(ジャパンアクションエンタープライズ)




紘汰、敗北?
自ら攻撃を受け、ヨモツヘグリロックシードをキャッチ&破壊。
この期に及んでもミッチを許すと言う紘汰は紘汰って感じである種ブレないですね。
ミっちとしても勝手に自分に殺されて?どうしてくれるのかと困惑状態ですね。
紘汰はミッチを助けて許すと言う良い事をしているつもりなんでしょうけど、
ミッチの視点で見ると自分の手で武器を深々と指してるわ
自分で許されないと解ってることを許してやれと言われるわと散々な訳で・・・
多分ミッチは自分の罪のこともあって死んで逃げるつもりもあったと思うんですけど
それすらも許さない紘汰さん。
要は死んで楽になるより、まだまだ生きて苦しめという事ですね、分かります(エー
結局、紘汰のありがた親切と言うのは
相手とてもエグく、窮地に陥れる恐ろしい行為だという事に
気付かなければならないと思うの。。。(´・ω・`)

舞死す!
ミっちの苦難は終わらずまだ追い打ちをするのね。
戦極のオペは成功し、舞は死んで黄金の果実を無事救出した訳ですね!何たる外道!!
・・・知ってたけど(ナニ
前回皆が思ってた「何で僕を信じるの?」って事を
戦極さんが自ら言ってたのは笑ってしまいましたがw
疑わしい自分の言葉を何故鵜呑みにするのか?と。
ミッチは自らの手で紘汰を刺し、舞も助けられず、
何も無いまま生き続けるだけという徹底的に打ちのめされる訳ですね。
死んで報いを受けさせるよりも、
生かして地獄を与える中々な状況になって来てますねぇ。

始まりの女・舞は過去へ飛んで今まで見てきたような事をやっていたようで。
ただ言いたいことはちゃんと言えてなかったようで。
勝手に違う言葉を言うっていうのは変な感じなので
何も声が出てないとかの方が良かったような気もするけど
それだとお話が回せなかったのかな?

バロンvsデューク。
現場に駆けつけた戎斗&曜子でしたがミッチ同様
遠隔でゲネシスドライバーを破壊され戦闘不能。
戎斗は旧型の戦極ドライバーで戦闘態勢に入るものの、
ドライバーの性能差で勝負にならず。
戦極としては旧型ドライバーで強くなり続けた紘汰が一番の懸念材料だったようで、
こんな図式が潜んでたんですね。

ロード・バロン転生!
戦闘不能になる戎斗ですが、自らヘルヘイムの実を食し自らを進化!
オーバーロード、ロード・バロンに変化させパワーアップ。
ナニコレカッコイイ・・・
紘汰さんはオーバーロードになっても雑魚インベスの姿だったのに
戎斗さんは完全にラスボスの姿ですねぇ。

自分の力以外で強くなる者は認めないと激おこな戦極を
自らの拳で粉砕するバロン。
あのパンチで死ななかった戦極にも驚きでしたが
悪の捨て台詞を吐いて自ら身を投げてビルから転落・・・。
徹底してマッドサイエンティストな戦極さんもこれで退場ですね。


次回は戎斗さん大暴れの巻?
世界を侵略しに動き出すのでしょうか?


[2014/08/31 15:33] ガイム | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giadamashii.blog28.fc2.com/tb.php/758-b7359821


仮面ライダー鎧武 第43話「バロン究極の変...

仮面ライダー鎧武の第43話を見ました。第43話 バロン究極の変身!「こんな結末、誰も望んでなかったはずなのに…!」「今度はお前の番だ。禁断の果実は今、お前の手の中になる。お...
[2014/08/31 18:23] URL MAGI☆の日記