劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! ファイナルカット版 

gmrdeno_dvd_otfc.jpg

例年のディレクターズカット版から
電王では最初から最後まで違う(らしい)ファイナルカット版に。
完全ネタバレもあれなので遠回しに遠回しに感想とか。
キバの方がアレで簡単にしか感想書いてないですが、こっちは少し長々書けそう。


大きく変わってる部分もありますけど、それ以外にも
結構全体的にチョコチョコ変わってるような感じがして
確かに新鮮な感じで見れますね。
ちゃんと覚えてる訳でもないから気のせいかもしれないけど・・・

最初のあの変更された文字は何語なんだろう?
イマジン語とか?

牙王のデンライナー乗っ取りの経緯とか
TV放送でのメイキング(?)がくっついたりして
ホントに完全版的になってたり、通常版ではいきなり言ってた
モモの『人質』って言うフレーズの意味もちゃんと繋がるようになってた。

変化が話的に大きくわかりやすかったのは『小太郎』命名秘話?
小太郎と言う名前が決まる位置がずれるので後の
モモの台詞で矛盾が起きるのかと思いきや、
ちゃんと帳尻合わせてくれてとても自然にまとまってます。
にしてもジークの復活カットは少なすぎて泣ける・・・

それとウラ・キン牢屋からの脱出も結構前フリがあったの、色々切られてたんですね。
旗があんなにいっぱい・・・

個人的に嬉しかったのが牙王の変身時のCG追加。
当時、通常では変身したら体のアーマーは
装着済みだったのにガッカリでしたが、今回は電王と同じく
プラットフォーム形態からの変身に変更されててかなりイイ感じでした。
牙王のプラットFはちゃんと胸部分も専用の銅色使われてて面白い。

最後の牙王戦の戦闘もカットの順番が
変わってたりして結構手が入ってた。
ロッド・アックス・ガンFでのトドメの必殺部分なんかも
確かに気になってたのでこの変更は嬉しい。

CGもデンライナーはわかりにくかったけど、ゼロライナーとかは
CGの描き込み(?)が多いのか何か綺麗に見えますね。
デンライナー戦も微妙に違う感じ。
ガオウライナーもちゃんと反撃してたし。


通常版ではEDで流れてた後日談が続けて
お話と繋がるカットになってたしEDはEDとして流れて、歌も長くなってましたね。
確かにカット追加だけじゃないファイナルカット版、普通に面白かったです。
例年通りで出るのわかってたので個人的には十分満足な感じでした。
電王をもっと楽しみたい人にはオススメですね。
『モモなつ』もはいってるし。

コメンタリーもまた見ないとなぁ。
監督だけってのはちょっと微妙だけど。

[2008/05/25 19:07] BD/DVD | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giadamashii.blog28.fc2.com/tb.php/267-98032746