イクイップ&プロップ 冴島鋼牙  

でけた・・・やっとでけた。
やはり初心者が知識無くやりだす代物ではないと痛感。
何でこんなやった事のない改造なんかやってるのかと
終始自分に問い続けて作ってましたが、何とか完成。


冴島鋼牙
hipgaro.01.jpg

これで晴れて(?)世界で一つだけの鋼牙フィギュアに
なってしまった訳ですが
完成してから初めて胴体とくっつける瞬間は
テンション上がりましたね・・・・・硬かったけど。
こうなると白コートが欲しくなるなあ。
でもわざわざ白コートの為だけに他の買うのも・・・
まぁ烈火、投売りされてますけど。

実物だとそんなに気にならないんですが、少し頭が大きいかな?
かなり増毛したし・・・
このフィギュアのレビューで胴が短くてスタイル悪い
と言う意見は良く見たものの
それがあまり理解できなかったんですが写真を見たら何となく判った。


hipgaro.02.jpg

作ってる間は微妙な感じがして不安だったんですけど
色を塗って目元もリペイントすると・・・
「・・・あれ?これ鋼牙だな」
って感じでした。
角度を付けてみるとさらにそっくり。
やっぱり悪いのは髪の毛だけだったんだと再確認。

適当に根性で彫りまくってヤスリで慣らしてから
これも合ってるのか判らないタミヤの塗料でヌリヌリ。
塗りくらいチャイニーズな人に出来て
自分に出来ない事は無いだろう!多分、と塗りだし開始で。
もちろんエアーブラシなんて言う
技術も機材も持ち合わせてなんておりませんので当然筆塗り。
直接だったからか色がのり難かったんで
3回ぐらい重ねて結構ゴッテリな感じ。
逆にこのシリーズっぽい塗りな感じになったような?

塗り方はもう決めてて先に黒い方から塗る方法。
濃い茶をおいて乾いたら明るい色をさっと塗る。
そうすれば彫った溝にはあまり明るい色は
のらず勝手にスミ入れ状態になると。
理屈(妄想)上ではそうなんですけど
明るい色のり過ぎたかなぁ?(;-д-

目元とかは極力ムラにならないように溶剤で
溶かし溶かしのばしのばしした感じ。
こう言う立体は時々ブラシでキツイくらいシャドー・・
って言うんですかね?影を入れるのを見ますが
元々光で影が出来るんだからほとんど必要無いと思うですけどね。
これも自己妄想・・・と言うか好み?
後、唇も少し紅めにしてっ・・て何か化粧してるような感覚でしたね。
眉毛も結構重要な感じがした。
最後にUVカットか何かのツヤ消し吹いて終了。


hipgaro.03.jpg

ザルバと一緒に。
もっと腕が曲がったら目線合わせられて
それっぽいんですけど・・・


hipgaro.04.jpg

こんな感じで店頭に並んでたらどうなのかなぁ?
とか思いながら箱に突っ込んでみる。
けっこうそれっぽいですね。
作り終わってから店に並んでるやつを見ると
全然別物に見えて何か面白いんですけど。


koga1.jpg
ちなみにご本人、鋼牙役の小西大樹さん。



I&P第7弾の翼人牙狼では牙狼と鋼牙のヘッドが
新造されるそうで、より本人に似せて作られるっぽく
タイミング悪いなぁ自分と思ってたんですが・・・
やはりちゃんと頭も増毛されてるんですけど何か微妙な感じ?
目元かな?違和感あるのは。
またリペイントすればよくなるんでしょうけど。



他の零と龍崎も同時に完成させているので
また後でアップさせよう。

[2006/11/02 03:24] 玩具 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giadamashii.blog28.fc2.com/tb.php/161-654c234f