電王1話 俺、参上! 

カブトが終わって新ライダーが始まった訳ですが
大体の人がそうでしょうけど様子見な感じで
とりあえず見てる、自分もそんな感じの一人です。
今回もカブトに続き、白倉Pと言う事ですが
相変わらず大半が以前に一緒にやった事のあるスタッフで
今回は龍騎の人達がメインなのかな?
また井上氏使うんだろうなぁ。
今年はカブトとは違ってちゃんとタイトルがあるんですね。
新聞に書いてたよく判らないタイトルとは
違って判りやすいからいいけど。

とりあえず見てて思った事とか。
OPは演出とかはカッコ良く作ってるけど
歌があんまりグッとくるもん無くて微妙な感じ。
毎回見たくなるような物でもないです。
響鬼の輝とかカブトのOPが良かっただけに落差が激しい。
あと個人的に嫌なのが声優さんを使ってる事。
全然声優さんが嫌いな訳じゃないんですが
声優さんは基本的に過剰演技な訳でアニメとかでは
それが丁度良くて成立してるんだと思うんですが
特撮とかで実際に動いてる人にああいった声を
当てると浮いて聞こえるんです。
洋画の吹き替えはまだマシなんだけどあんまり好きじゃないし
特に韓国ドラマとかはかなりキツイ。
出来ればモモタロスの声は普通に俳優さんにやって欲しかった。
敵になるイマジンも。

電王はソードフォーム以前にクウガのような
フォームチェンジをするのが今回の形態のようですから
グローイングフォームと同じようなプラットフォームがあるんですね。
龍騎でも契約前のブランク体があったけど。
ソードフォームではキックしそうに無いから
ライダーキックはどのフォームでする事になるのか?
それ以前にライダーキックするのかどうかも謎ですけど。

まぁこれからどうなるのかまだまだ未知数ですねえ。
[2007/01/28 00:14] 仮面ライダー他 | TB(17) | CM(2)

カブトFINAL(49話・完結) 天の道を行き総てを司る男・最終章 

20070122001124.jpg

「世の中で、覚えておかなければならない名前はただひとつ・・・」
人間と異星人の共存を目指して・・カブト決着。

最後はもちろん天道ことカブトを描く。
ハイパーフォームは展開されてない方が好きなんでこっち。
てか今回でも展開されなかったけど。
最終回見終わって描き出した訳でもなく、
結構前から線画だけは描いてた。
きっとこのポーズが丁度良いような、
そんな最終回になるだろうと思って描いてました。
最初バックは皆既日食かな?と思って塗ってたんですが
やっぱり天道は太陽だと言う事で変更。
ダーク天道が皆既日食かな?
なので色味は逆光っぽくしたつもりですけど暗すぎたかな?
そのかわり目とか光らせてみるけど微妙か・・・



いきなり一年後とかから始まるんじゃないのかと思って
見てたら普通に続きから始まって一安心(?)

最後は結構正当に悪者を倒して決着をつけるものでしたが
ちゃんと決着もついてくれて良かった。
この主人公である天道なら『負けない』と言うか
『負ける訳が無い』と言う安心感が個人的に好きですね。
最終決戦の中でも、おばあちゃんの教え、
自分の為に世界を変えるのでは無く、世界の為に自分を変える。
自分を変えれば自ずと世界も変わって行く、
それこそが『天の道』だと説いてくれた天道。
結局ネイティブのの望む平和は押さえ込むだけの
『争い』と変わらないものであると。

ネイティブと言うのは基本的に成虫にはなれないのかな?
ネイティブのボスである根岸も蛹体だったし。
だから戦闘も不慣れでマスクドライダー計画など
技術で戦闘力を上げる事をしていたと。
三島は全ての研究を突っ込んで作られた
『元から成虫』のネイティブと言う事として見た方が
合点があいやすそう。
三島が結局、一番タチの悪い方なキャラだった訳ですが
彼のがパーフェクトゼクターぶっ壊してくれたおかげで
久しぶりのハイパーカブトのライダーキック拝めたし、ありがたや。
ガタックっも初めて回し蹴りじゃない
空中ライダーキックを出してくれました。

最後の最後でおばあちゃんの受け売りではなく
自分の言葉で加賀美を認めた天道。
天道だと本当にもう二度と「友達」のフレーズは出ないでしょうね。

後、色々謎がある中、気になった
加賀美がベルトで生き返ったのは何だったのか?
ベルトはネイティブが作ったものだし、もしかすると
あれを装着された時に加賀美もネイティブになってたとか?
それで再生する事が出来たとか。
仮説みたいなのはたつんですけどねえ。

あと、天の道を行くお婆ちゃんがどんな人か知りたかったなぁ・・・


戦いが終わって一年後、田所さんは蕎麦屋に。
あの弟と一緒に店をやってるって事ですかね?
ミサキーヌはまさかの剣の遺志を継ぎ、
ディスカビル家再興の為に社長に。
蓮華はサルでバイト?
大介&ゴンは特に変わらず、ゴンは名無しのゴンベエ卒業?
矢車さんはどうなったのか気になりますねぇ。
ちゃんと光を掴めたのか?

ひよりと樹花はちゃんと姉妹に。
そして加賀美は父親と同じ警察の道、お巡りさんへ。
加賀美パパもまだ警視総監のままでいれたんですかね?
天道はフランス?にまでトゥーフー(豆腐)を買いに
フラフラとおつかい?
たしか初めて登場した時もこんな格好で歩いてましたよね?

最後はギャグでしめられましたがそれもカブトらしいと言うか。
全体的に見てストーリーか薄っぺらいなぁ的な
感想の人が多いと思いますが、そんなのは自分も思うし
保管されてない所も多かったけど
それはもう最初から白倉Pだしそうだろうなぁと割り切ってました。
逆に白倉Pなのに話が全体的に見て面白いなぁとか
キャラクターの個性やギャグ的な部分、
クロックアップを交えての戦闘のカッコよさや
先を予想しても全然当たらなかったりと、
そう言う面白さが色々ありました。
まぁ自分の好みにハマル部分が多かった訳です。
なので個人的に、カブトは平成ライダーの中でも
かなり好きな方になったので
自分はこの一年間、十分楽しめました。
スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
面白い作品有難うございます。
はてさて、電王はどうなる事やら?

[2007/01/21 12:18] 仮面ライダー他 | TB(33) | CM(7)

カブト48話 仮面ライダーカブト 最終章・2 

20070116044737.jpg

「おばあちゃんが言っていた・・正義とは俺自身!・・・俺が正義だ」
言われてみればポスターのキャッチフレーズ
だっんですねぇこの台詞。

ホッパー兄貴、ちょっとバランス変えてたら
何かSICの王子キングフォームみたいになっちゃったかな?
バックとかちゃんと描いてない未完成状態ですけど
とりあええず載せとこう。
ちゃんと描いたら後で差し替えるかも?


根岸が作ったペンダントが人間をネイティブに
変えてしまう代物だった事がわかり
相変わらずの怒涛の展開ですね。
根岸の言う『人間とネイティブの争いの無い平和な世界』
実現の為に全ての人類をネイティブにしてしまうと言う
極論を実行してきた訳で。
確かに平和になりますが、まぁ簡単に言えば侵略ですね。

加賀美パパと日下部はネイティブも危険な存在であると
認識してネイティブを含めたワームに反応する
赤い靴を仕込んで、その時が来るのを
待っていて、やはり加賀美パパは
ずっと企んでいたけどイイ人だった、と。
加賀美パパは35年、天道は7年とそれぞれの目的の為に
耐え続けてたんですねぇ。

もう最終回では純粋な人間ってほとんど居ないのではないのか?
ダーク天道も人間ではないし。
敵に捕まり改造された実験体。
ここら辺が明かされて、カブトもちゃんと
仮面ライダーだったんだなぁと思う今日この頃。

今回の天道VS加賀美ではカ・ガーミンが
男らしくなくって結構ガッカリ。
もう最終章なんだしいい加減天道が何かしら正しい方向に
導く事を心の隅っこにでも常に持ち続けてくれると
思ったんですけど、相変わらずそこら辺は
成長してくれてないようで、まぁ加賀美らしいと言うか・・・
天道はちゃんと以前の2人だけで正々堂々
と言う約束通り、決着を優先して
ハイパー化も拒否し、戦ったにもかかわらず
正々堂々どころかアリさん軍団に邪魔されてるし。
邪魔されるのが嫌ならクロックアップすれば良い訳ですけど
加賀美が先頭きって連れてきてそうで、
あえてそれもしなかったように感じました。
次回でどう払拭してくれるか見届けたいですね。

着弾の巻き添えで負傷してしまった蓮華にはさりげなく
夢にまで見たオムライスの差し入れを。
田所さんが撃ってきたからしょうがなかったし
ちゃんと非がある時には何かしらのお詫びをするのは天道らしい。


今回でホッパー兄弟も完結。
ペンダントによってネイティブになってしまい闇のどん底に堕ちた
影山をライダーとして倒した矢車兄貴。
わざわざホッパーに変身して倒されるのを望んだのは
やはりワームである事が嫌だったんでしょうねぇ。
矢車さんも最後まで仲間を思うところはやはり変わらず。

ホッパー兄弟は過去の話も語られる事も無く
オマケ的な要素が強かったような気はしますが
それでもカッコ良かったからOK。
ホッパーに理由をつけるなら、
野放しにしてネイティブでもワームでも
無作為に倒すようにした赤い靴の予備軍だったとか?


この感じなら話の決着はちゃんとつけられそうですかね。
既にDVDのオマケで最終回後の話が連載(?)されてて
話の結末はちゃんと決められてそうだから楽しみにしておこう。

[2007/01/14 03:43] 仮面ライダー他 | TB(34) | CM(2)

カブト47話 仮面ライダーカブト 最終章 

20070109004845.jpg

「俺に天の道を見るなら・・・口出しするな」
カブト最終章三部作始動。


MPH.jpg

前描いたカブト・ガッタク・キックホッパーを見せたら
色変えればいいじゃんと友人に言われたので
速攻で反転&色変えでパンチに。
MKPH.jpg

これでホッパー地獄兄弟の出来上がり。
カブトのライダーはシルエットがガッチリ判りやすく
デザインされてて適当に線を減らして描いても
ちゃんとそのライダーに見えるのは凄いですねえ。
ディフォルメはラクに描けて良いです。



最終章に入りまた一気に新しい展開に入った感じですが
最初に隕石のカットから始まったりして初心に帰った印象ですね。
三話構成だし、何か今までの話を全て前フリとしての
映画が始まったような、そんな感じがしました。
劇場版も隕石から始まるし。

前回の剣の騒動で大半のワームを殲滅させて
ゼクトの存在を世間に公表しまだ潜んでいるワームの
残党狩りが始まった今回。
ネイティブがワームを探知するアクセサリーを作って
配布してる訳ですけど、微妙に裏がありそうではあるわけで。
当たり前ですけど、ワームには反応するけど
ネイティブには反応しないのも都合のいい話。

今回これに疑念を持っているのは天道と加賀美パパの
二人だけと言う感じでしょうか?
ネイティブがやはり胡散臭くて
加賀美パパはやはりイイ人側なのかな?
「気に入らない」と言う理由だけでネックレスを破壊し、
社会的に悪と見なされる天道ですけど
今のところこの行動に対する意図は不明。
クロックアップ空間の中でも加賀美に真意を話そうとしませんが
何よりも大切である二人の妹、樹華とひよりを
心配させてまで行動してる訳ですから
何か理由が無い訳が無いでしょう。
単独プレイが根底にある天道なので一人で
何とかしようとしてるんでしょうね。
またそれを一人で何とかしてしまうのも天道なんですけど。

あと三島も動き出してきましたねえ。
前々から味覚が無かったり正拳突きだったりと
変なところが多かった人物ですが本格的に動き出した印象。
実は三島が影のボスになったりとか・・・?
ダーク天道も拉致するし。
元々実験体みたいだし、また何か手を加えられるのでしょうか?

ひよりは異次元に行く前に考えていた自分のレシピを練習中。
ちゃんとここのネタフリの回収はされるんですね。
と言うよりひよりは最終話までに自分の料理を
完成させるのが決着のように思えますが。
あとサルの店長、またまた久しぶり。
本当はずっと居ると言う提なんでしょうけど
出番自体は少ないですね。


今週のホッパー兄弟は
今度は夜に輝く月に光を求めたようで。
あと弟が病気に。
と言うより影山は何であのアクセサリー欲しかったのか?
ちゃんと兄貴の分まで確保して。
すがってる感じは相変わらずですけど影山らしい。
てか蓮華が景山の事をちゃんと「オジン」って・・・


今回はこの最終章の為に予算とかを残してたのかと言わんばかりに
エキストラの人数やクロックアップ演出が
ふんだんに使われてましたね。
この感じだと最終章での戦闘の演出は安心できそう。


[2007/01/07 20:32] 仮面ライダー他 | TB(29) | CM(3)